欧州のSUVの特徴

日本とヨーロッパ諸国では道路事情が全く違います。

例えば舗装、ヨーロッパ諸国ではまだまだアスファルトなどで舗装されていない部分も多く、日本でいうところの国道レベルの道路でも砂利道が残されているところもあります。

舗装の質も日本ほどきれいではなく、意外とつぎはぎだらけであることもあります。

それからスピードレンジが全く違います。

一般道はそれほど違いがありませんが、高速道路はアウトバーンやアウトストラーダなどの速度無制限区間のある道路がヨーロッパ中に張り巡らされているので日本の100km/hなど、鼻歌交じりで片手で運転するようなものなのです。

こういったことからヨーロッパのSUVは高速レンジでもしかりと踏ん張れる車が必要となるのです。

こういった性質を持つ車といえばスポーツモデルがそうなのですが、まさにスポーツモデル並みのロードホールディング性と高速性能を持っているというのがヨーロッパでのSUVあるいはクロスオーバーSUVなのです。

日本ではボディが小さくなるとそれに比例してエンジンを小さくするものですが、ヨーロッパでの車作りではそういった考え方はなく、コンパクトカークラスのボディに3リッターエンジンなど当たり前なのです。

これは要するに高速性能を追求した形となります。

足回りは国によって少々固めのところと、逆に柔らかめにするところがあります。

硬めのものは、高速域での安定を持たせるためなのですが、SUVやクロスオーバーSUVであるために硬くてもしっかりとしたストローク量があるのが特徴です。

柔らかめのところは石畳や未舗装路が多い地域で作られるもので、悪路走破性を考えたものとなっています

シートはどの国も固め、これはSUVに限らずヨーロッパの車のほとんどにみられる傾向ですので、ヨーロッパ車の特徴ととらえるべきでしょう。

全体的に見ると、日本のSUVやクロスオーバーSUVなどよりも動力性能が高いものが多いのですが、本格的なSUVというものは非常に少なく、ほとんどのものが4ドアセダンなどのボディを使ったクロスオーバーSUVになっていることが多くなっています。

MENU
TOPページ
欧州のSUVの特徴
ポルシェ・カイエン
メルセデスベンツ・Gクラス
フォルクスワーゲン・トゥアレグ
アウディ・Q7
BMW・X5
レンジローバー・ヴォーグ
ランドローバー・ディスカバリー4
ボルボ・XC60